Sponsored Links

2015年3月31日火曜日

ミカンの皮とヨーグルトで花粉症に「効果」 !

ミカンの皮とヨーグルトで花粉症に「効果」

という記事を、ヨミドクターで読みながら、

ヨーグルトとミカンは一緒に食べることが結構あるのですが、
ミカンの皮に含まれるノビレチンが効くんですね。


今回のヨミドクターに発表された内容だと、

ミカンの皮とヨーグルトに含まれる成分を同時に摂取すると、花粉症患者の症状が和らぐ効果があると、
愛媛大の菅原卓也教授(食品機能学)らのグループが、岡山県で開催中の日本農芸化学会で発表。

花粉症への抵抗力を高める食品の開発につながることが期待されると。


温州ミカンの皮に含まれるポリフェノールの一種「ノビレチン」と、
牛乳成分のたんぱく質「βラクトグロブリン」に、
それぞれ花粉症に関わる炎症反応を抑える働きがあることに着目。

スギ花粉症患者26人に同意をとり、すり潰したミカンの皮を混ぜた飲むタイプのヨーグルト(150ミリ・リットル)を1日1回摂取してもらったという。

26人には、摂取を始める前と摂取2週間後に、花粉症の原因物質を両目に点眼。
それぞれ点眼30分後に表れた症状を比較した結果、全員でかゆみなどの自覚症状が著しく低下し、結膜炎の指標となる眼球表面の温度上昇も約半分に抑えられたという。

花粉症は、体内に入った花粉に免疫細胞が反応し、ヒスタミンなどの化学物質が放出されるのが原因とされるが、二つの成分の相乗効果で花粉による反応を弱め、化学物質の放出を抑えるとみられる。


菅原教授は、
「ミカンの皮は、漢方薬では『陳皮』と呼ばれる健康素材。牛乳アレルギーの恐れがある人に活用できないのは弱点だが、地元企業と連携して花粉症対策の機能性食品として開発したい」と。
 
Sponsored Links

2015年3月27日金曜日

膀胱がん 再発抑えるホルモン療法 上村博司医師

膀胱ぼうこうがんの男性患者に対し、男性ホルモンの分泌を抑えることで、がんの再発を抑えられるとの研究結果を横浜市大泌尿器科の上村博司准教授らの研究グループが発表した。
-ヨミドクター

膀胱がんと前立腺がんを併発した患者のうち、
男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌を抑えるホルモン療法を行った患者では、
5年後の再発率が24%だったのに対し、行わなかった患者では60%に上ったという。


膀胱がんの男性患者は女性より3~4倍多いとされ、
上村准教授らは男性ホルモンが影響している可能性に着目した。


神奈川県内の16病院で1991年以降で膀胱がんと前立腺がんを併発した患者162人のうち、
ホルモン療法を行った86人と行わなかった76人を比較。


上村准教授は、
「前立腺がんの治療では一般的なホルモン療法が膀胱がんでも有効なことが確認された。膀胱がんへの適用拡大を目指したい」と。

☆上村 博司(ウエムラ ヒロジ )  横浜市大泌尿器科 准教授
・専門
前立腺がん、 結石破砕、泌尿器病態学、泌尿器全般
・受賞
1997年 前立腺シンポジウム医学賞

2015年3月25日水曜日

先生そんなことやっていいんですか!?

群大の腹腔鏡手術の問題をヨミドクターで追っていて、

先生そんなことやっていいんですか!?
という内容のことをやっていると思う。


患者は実験材料、と言われても仕方がない。否、その経験が生かされないまま次のオペに臨んでいるのではないだろうか、と訊きたい。


日本肝胆膵かんたんすい外科学会が23日に発表した腹腔鏡手術の実態調査によると、保険適用外手術の実施件数は、過去4年間で、肝臓が1587人、膵臓が651人に上っていた。

この調査では、回答した病院診療科の55%が、群馬大と同様、病院の倫理委員会から承認を受けないまま、本来は臨床研究として行うべき試験段階の手術をしていたこともわかったという。

日本肝胆膵かんたんすい外科学会理事長の宮崎勝・千葉大教授は、
「保険適用外の腹腔鏡手術は慎重にすべきだ。まして半分が倫理審査も通していないとなると、手術前の検証が十分だったのか疑問だ」と懸念を示した。


一定の安全性や有効性が確認され、全国の病院で幅広く行われても問題ない標準診療として「お墨付き」を得たことを意味(保険適用されるということは)するが、肝臓や膵臓の腹腔鏡手術は、比較的難易度が低い切除方法に限り保険診療となっているが、それ以外は標準とするには時期尚早とみなされ適用外のままだという。


保険適用外の腹腔鏡手術は多くの病院で前から行われていたが、普通は倫理審査まで受けないし、患者にも説明しないという。ほかの病院でもやっているので問題ないという感覚だ、と都内の病院で腹腔鏡手術を行う消化器外科医は言う。


群馬大の問題が注目され、現場も慎重な空気に変わったが、
それまでは、「多くの外科医が、同様の感覚だったのではないか」と。

これは、人の命がその程度に考えられているということですね。

医療機関と医師と診療

 
スポンサードリンク

2015年3月11日水曜日

機内食に低カリウムレタス!

機内食に低カリウムレタス⇒航空大手の出資企業が生産へ

このニュウース、ヨミドクターで知りました。

福島県会津若松市の植物工場内で生産される画像・低カリウムレタスが載っていました。


日本航空や三菱商事、ANAホールディングスが出資し、空港での電力供給などを行っている、
「エージーピー(AGP)」(本社・東京)は、
「低カリウムレタス」の生産・販売に乗り出すという。


発光ダイオード(LED)照明などを使った植物工場で生産し、
カリウムの摂取制限がある透析治療を受ける腎臓病患者でも食べられるという。

水洗いしなくても良いため、機内食での活用も期待できる。

ドクターベジタブルジャパン

運営するのはAGPなど3社が1月に共同で設立した「ドクターベジタブルジャパン」で、
福島県の半導体製造会社が持つ生産技術を3月1日に引き継いだという。
今後、各地で野菜工場を稼働させる方針だと。

植物工場:
千葉県山武郡横芝光町「ひかり工業団地」

☆低カリウムレタス:
カリウムの含有量が一般のリーフレタスの1/6程度で、
腎臓病患者の需要があるとのこと。
苦味が少なく食感が良いこと、
クリーンルームの植物工場で生産するため、
無農薬・衛生的・保存性が高い等の特徴があり、
露地物野菜とは差別化でき、高級野菜として一般食品市場でも需要期待が。

<主な需要先>
生鮮野菜販売 東北・関東・中部地域のデパ地下、特に、東京
・横浜の【三越・高島屋・伊勢丹・小田急・京王
・松坂屋・東急】のデパ地下にて販売中。

2015年3月9日月曜日

花粉症、昨年よりひどい!

今年は予報通り、

というか個人的には予報以上の症状が出ています。

高齢になると、
鈍感になり治まるかと思ったのですが、

私の場合、
花粉症まだまだ健在。

生きている証拠ともいえますが、
室内でも、
マスクをしていることが多いですね。

ガーゼマスクなので、
洗濯しつつですが、
マスクの数も多くなっています。

それでも、外出時に掛けて
戻って洗濯かごに、

ということから、
ぎりぎり間に合っています。

乾燥機とかないので、
晴れたら洗濯、という昔のまま状態です。

インタール点鼻薬とリザベン点眼薬常用。

内服薬は胃腸が弱く薬に弱い質なので、NGです。

しかし、
風が強いと、薬もあまり効果がないですね。
外出から戻って、就寝中の真夜中、
くしゃみ、鼻水、目がかゆくとても寝ていられない状態。

しかし、
桜ももう少しで咲き始め、
本格的な春の到来です。

桜の花を見られるのも、生きているうちのこと。
誰しも、終焉を迎える、終活のときがやってきます。

地球に生まれて、
毎年、桜の花が見られただけでも、
良かった!

と思っています。

2015年3月3日火曜日

腹腔鏡死亡 群馬大病院、全例で過失

群馬大学病院(前橋市)の腹腔鏡手術問題で、病院による最終的な調査報告の概要が判明し、手術後に死亡した患者8人全員の診療に「過失があった」と認めていることがわかった。(ヨミドクター)

 

病院側は遺族への補償の意向を示しているというが、患者の死亡例が相次いだ後も執刀医や教授が高難度の手術を続けた理由や背景はなお不透明で、「納得できない」という遺族もいるという。

群馬大病院では、肝臓の腹腔鏡手術を受けた患者8人が2011年1月~14年5月に死亡。

外部委員5人を含む調査委員会で調査し、2014年12月に中間報告を公表し、今年2月には調査を終え、
2月中旬から3月1日まで遺族やその代理人を務める弁護士に個別に説明してきたという。

最終報告では、

手術前に行うべき肝機能検査が行われず、患者への説明やカルテ記載に不備があったことなど、
中間報告で公表されている問題のほか、患者個々の診療の医学的評価が新たに加えられているという。

調査の結果によると、臓器の縫い合わせがうまくいかず容体が悪化している例が複数あり、
手術中の操作に問題があったとみられる。

手術後の再手術が必要だったり、大量の出血が体の負担になったりしたとみられる患者もいたという。
また、複数の患者で、病状や体調に照らし、手術すること自体が不適当だった可能性が指摘されているという。

 
こうしたことから、
病院側は「8人すべてで過失があったと判断した」と結論づけている。

しかし、相次ぐ患者の死亡後、十分に検証せず、医師が少ない中で高難度の腹腔鏡手術をなぜ3年半も続けたのか、
真相は不透明なまま。

このほか、診療と死亡の因果関係の評価が不明確で、遺族への補償に関して具体的な金額が明かされていない。手術を手がけた第二外科の責任者である教授と執刀医による直接の説明や謝罪も行われていないという。

群馬大病院総務課は「調査結果の詳細は現時点では答えられない」と話しているという。

一般人としては、理解に苦しむ内容ですね。なぜ、途中で腹腔鏡手術を止めないで次つぎと実施したのか。おかしなことですね。

これを読んだ皆さんは、どう思われたでしょうか。・・
 
スポンサードリンク

2015年3月1日日曜日

家の中が子猫たちでいっぱいに!

家に入ったら
子猫がいっぱいで、足の踏み場もないくらいでした。


人間が食べていくのも精いっぱいな状態なのに、
どこからこんなに多くの猫たちが貧乏な我が家に集まって来たのか。


そればかりではありません。
さまざまな色の見たこともない動物たちが、
勝手や部屋、玄関辺りにもひしめいているのです。


こまったな、どうしよう。これでは休む場所もないし、
彼らに与えるご飯もない。


困っているうちに目が覚めました。


あれは、生家でした。

小学生のころ、
飼っていたネコが、

今で言う、
皮膚がんのような状態になり、後ろの方のお腹あたりの皮膚に穴があき、
ただれた肉が見えるようになりました。


かわいそうだったけど、その辺りには獣医さんも、
動物病院もない田舎でしたから。


仮に、獣医さんがいたとしても、
戦後の貧しい我が家では、
診てもらう費用がなかったと思います。


そんな体で、ネコは鳴き、私の側へやって来たのです。

後悔される思い出の一つです。

その猫は、やがて姿が見えなくなりました。

父親がどこかへ連れて行ったのか、
家の縁の下で亡くなったのか。


両親はとうに亡くなり、訊ねる人もいません。