Sponsored Links

2015年5月30日土曜日

認知症患者500万人 14.5兆円

認知症患者500万人、社会費用は年14.5兆円 (ヨミドクターを読んで)


社会的費用: 認知症にかかる医療・介護費と家族介護の負担も含めた金額が、年間14.5兆円に上ることが、厚生労働省の研究班(代表・佐渡充洋慶応大助教)の推計で初めて明らかになったという。

そのうち家族介護の負担が年6.2兆円で、費用全体の4割超だった。

認知症の人は約500万人で、政府は今年1月に認知症国家戦略を策定している。推計には、医療・介護サービスを利用している認知症の人を対象に、2014年時点の年間費用を計算したという。
医療・介護費は、国の医療保険や介護保険などのデータを基に計算したところ、
医療費は年1.9兆円、介護費は年6.4兆円に上った。

家族による介護負担の費用は、家族約1500人について、実際に介護にかけた時間を調査したところ、
認知症の人1人当たり平均で年間延べ1300時間を費やしていたという。

このうち、トイレ介助などは、介護保険サービスの費用に置き換え、1時間当たり4955円で計算。食事の支度などは、介護をする代わりに働いていれば得られた賃金として、1時間当たり965円で換算したという。

その結果、認知症の人1人当たりの家族介護の費用は年間382万円で、
全体では6.2兆円となり、認知症の人が使う介護保険の費用に匹敵したという。

こ先の推計では、
団塊の世代が85歳以上になる2035年には総額22兆9244億円にまで膨らむと試算。

また、タイトルにあげた、
年14.5兆円という認知症ケアに社会全体でかかる推計費用は、
国民全体の医療費43兆円(2014年度予算)の3分の1にあたる規模だった。

2025年になると、認知症の人は約700万人まで増えると見込まれ、
今回の推計は医療・介護費や家族負担に限定されたもので、詐欺被害や徘徊中の事故、見守りの負担も含めれば、将来的には、費用がどこまで膨らむか想像も付かないため、対策は、急を要する。

認知症にかかる社会的費用については、
世界保健機関(WHO)が、2012年に「10年時点で世界で6040億ドル(約75兆円)」と報告しているが、
米国では、2010年時点で年2150億ドル(約27兆円)と試算しているという。

欧米では認知症が及ぼす経済的影響を明らかにし、対策を強力に推し進めているという。
 

2015年5月28日木曜日

Changes to slowly and suddenly the world

このところ晴れた日がつづき、夕方から太陽系の星々が並んで見える。

月 金星 火星 木星 が並んで見えるシーズン。そして、あのシリウス。


日頃は、日常の衣食住に気を取られ、 神と言われてきたエイリアンのこと、 また、一般的なエイリアンのことなど眼中にないのが、 この国の人々であり、当然私も同様だ。


しかし、 違っていたんだな。
世界の宇宙飛行士たちは、彼らの乗り物を見て、ある飛行士は、1.5億年も昔の彼らに対面し、 ある者は、月面上に彼らを見たが、公表しなかった。


上空を見つめながら私は心内で呟く。

以前にも・・。それらはすべて現実なのに、不安をいだきたくない心は、すべてを忘れようとする。

以前にもとは、1978年に米国の民間団体が訴えた裁判の結果、CIAは敗訴し、ロズウェル事件はほんとうだったこと、3人のエイリアンがいたことも認めたのだ。


日本では公開されなかったため、未だに、UFOや地球外の知的生命体のことを信じられない人が、この国には多く存在すると思われる。


1986年のあの事件に遭遇した彼は、そのことから精神鑑定を受けさせられ、地上勤務になった。


その人とは、 アラスカ巨大UFO事件に遭遇した寺内謙寿機長だ。
貨物便であったが、副操縦士と機関士も同時に目撃していたのだ。


この国の現状がうかがえる事件でもあったと言える。


アメリカでの、裁判の結果がこの国で報道され、一般市民がUFOとエイリアンについての現実を認識できていれば、まったく別の対応がとられたであろう。


思うに、彼らのある種は、人工太陽(彼らの多くが人と似ているので、人工という言葉を使うが、彼らによって創られたのが人間なのであろう)を創るほどのテクノロジーを持っていて、宇宙に浮かぶ地球の3、4倍もの宇宙船を観測している人間の科学者も実在する。
アラスカ巨大UFO事件


1986年(S.61) 11/17-当時報道されたことも嘘だと思っている人も多かったかもしれない。 日本の番組で紹介したアラスカ巨大UFO事件
日本の番組で紹介したアラスカ巨大UFO事件


それにしても、気づいた時が、この世の最後にならないよう、頭の隅に置いてもらいたい。
隠されたUFOの存在


すべてが真実で、実際に起こったことなのだ。この国の人々は、一体どの世界に住んでいるというのだ。目を覚まして日常生活を送っていてほしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やくだつ市場   インターネット 国内・海外旅行



2015年5月22日金曜日

便秘続くと臭い物質増加-口臭-

胃腸の調子が悪いと口臭がきつくなる―ヨミドクター


「おならが臭いと口臭も臭くなるんです」と、
東邦大(東京都大田区)総合診療科教授の瓜田純久さん。(ヨミドクター)


口と腸にいる菌の種類は似ていて、口の中の菌が食べかすを分解する時と同様に、腸でも数百兆から1000兆いる菌が食べ物を分解、ガスを放出する。

善玉菌は炭水化物などを分解し、無臭のメタンや水素を放出する。
悪玉菌はたんぱく質から臭いのする窒素化合物や硫黄化合物を放出する。

二つの菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えると、臭い物質が増える。-瓜田純久教授

一番の原因は便秘。
便が腸に長時間とどまることで、悪玉菌には常にエサがある状態になり、分解が続いて臭い物質がたまる。
臭い物質の一部は血液に吸収されて息から出てくる。-瓜田純久教授

-瓜田純久教授によると、
日本人の標準的な食事は炭水化物60%、脂肪25%、たんぱく質15%の割合で、臭いは出にくいとされるが、たんぱく質が増えると悪玉菌も増えて臭い物質も増えるという。

便秘には食物繊維、と考えがちだが、
「とり過ぎはよくない」と瓜田教授。
消化の悪い繊維質は腸内に残り、そこに付いたたんぱく質が悪玉菌のエサになるという。

ヨーグルト:
瓜田さんは「腸の細菌数に比べてヨーグルトに含まれる乳酸菌などは微量なので効果も微妙」という。

炭水化物をきちんととるバランスの良い食事を心がけ、たんぱく質も消化しやすい魚、肉なら軟らかいロースがお薦めで、適度な運動と規則正しい生活も欠かせない、と。

☆瓜田純久 教授
東邦大学医学部卒
・専門
一般内科、消化器、栄養代謝
 
Sponsored Links

2015年5月15日金曜日

京教授(島根大) 腹腔鏡で子宮頸がん全摘成功!

=産科婦人科の京哲きょうさとる教授(54)らのチーム=

島根大付属病院は、14日、開腹せず、小さな傷だけで子宮頸がんを切除する腹腔鏡下子宮全摘手術に山陰地方の医療機関で初めて成功した、と発表。

患者の負担は少ないものの執刀医の高い技量などが求められ、現在は保険診療の対象外になっている。

 

島根大学医学部付属病院


〒693-8501
島根県出雲市塩冶町89-1
TEL 0853-23-2111
・病院長 井川幹夫
http://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎保険証、紹介状をお持ちの上、午前8時30分から11時までの間にお越しください。
紹介状がない場合は3,240円の保険外併用療養費※が必要になります。

◇初診受付方法:
正面玄関が午前7時に開き、警備員が案内します。8時から医療サービス課職員が案内します。
1階待合いホールで「診療申込書」にご記入のうえ、保険証、紹介状と共に1番窓口「新来受付」にお出しください。
・交通事故、労災、公務災害等で初めて受診される場合は受付の際にお申し出ください。
・全科共通で永久使用の診察券を作成してお渡しし、診療科への道順をご説明します。初診の場合は時間がかかりますのでご了承ください。

※救急車で来院された患者さん、国の公費負担医療受給者等の患者さんは、紹介状をお持ちでなくとも保険外併用診療費の対象とはなりません。

◇診療時間
初診・再診受付
午前8:30~11:00(但し、予約患者さんを除きます。)

・休診日
土曜日・日曜日・祝祭日。
夏季休業(8月13日~15日)
年末年始(12月29日~1月3日)

・面会時間
通常 午前6時 ~ 午後9時30分

◆診療科
内科
内分泌代謝内科
血液内科
消化器内科
肝臓内科
神経内科
膠原病内科
呼吸器・化学療法内科
腎 臓 内科
循環器内科
皮膚科
小児科
外科
消化器外科
肝・胆・膵外科
小児外科
乳腺・内分泌外科
心臓血管外科
呼吸器外科
整形外科
脳神経外科
泌尿器科
精神科神経科
産科
婦人科
耳鼻咽喉科
眼科
放射線科
放射線治療科
麻酔科
歯科口腔外科
臨床検査科

◇婦人科
http://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/sinannai/gynecology.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

婦人科疾患:
・婦人科腫瘍
子宮、卵巣、卵管、膣、外陰に出来る腫瘍
子宮癌 子宮体癌、子宮頸がん、卵巣癌

スタッフ

京 哲  教授
シカゴ留学
大阪大学、金沢大学を経て現職
・資格
日本産科婦人科学会 認定専門医、がん治療暫定教育医、がん治療認定医
婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞診学会、細胞診専門医
日本臨床細胞診学会、教育研修指導医、母体保護法指定医

金崎春彦  講師
島根医科大学卒
・資格
日本産科婦人科学会 認定専門医、日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医(産婦人科)
母体保護法指定医

中山健太郎 講師 医局長
・専門
卵巣癌
HERA Ovarian Cancer Award 受賞
・資格
日本産科婦人科学会 認定専門医
マンモグラフィ読影医、がん治療暫定教育医、がん治療認定医
婦人科腫瘍専門医、臨床細胞診専門医、乳房疾患認定医
日本臨床細胞診学会、教育研修指導医、da Vinci System 研修終了

石川雅子 助教 病棟医長
・資格
日本産科婦人科学会 認定専門医

片桐 浩 助教  外来医長
島根大学医学部卒
・資格
日本産科婦人科学会 認定専門医
マンモグラフィ読影医
新生児蘇生法(NCPR)インストラクター

ほか多数

◇交通アクセス
http://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
・JR出雲市駅より
バス利用

出雲市駅バス乗場(北口)
市民会館・島根医大・上塩冶車庫行にて島根医大病院下車 (1番のりば)
市内循環左まわり(150円バス)・上塩冶車庫行にて島根医大入口下車、 徒歩5分 (1番のりば)
須佐行、根波行にて島根医大病院下車 (2番のりば) 尚、朝夕の便で経由しない便もありますので御確認ください。

バスの情報は一畑バスのページから詳細・バス乗場案内をご覧頂けます。

徒歩・タクシー利用
出雲市駅南口から徒歩20分 (タクシー約5分)

飛行機・JR・高速バス

飛行機
(出雲空港:着)
東京(約1時間20分)
大阪(約1時間)
隠岐(約30分)
福岡(約1時間15分)

出雲空港より 空港連絡バス(約25分)→JR出雲市駅
※空港連絡バスの情報は出雲一畑交通のページから詳細をご覧頂けます。

JR
(JR出雲市駅:着)
岡山 特急(約2時間55分)
新山口 特急(約3時間)

高速バス

(JR出雲市駅:着)
東京(約12時間) 渋谷駅バスターミナル
名古屋(約10時間) 名古屋駅
大阪(約5時間30分) 新大阪駅
神戸三ノ宮(約5時間) 三ノ宮駅
京都(約5時間45分) 京都駅
岡山(約3時間40分) 岡山駅前
広島(約3時間15分) 広島バスセンター
福岡(約8時間) 福岡バスセンター
 

2015年5月14日木曜日

アレルギー性鼻炎-ダニのエキスを口に含む新治療薬

ダニのエキスを口に含む新治療薬、保険適用に !(ヨミドクター)

アレルギー性鼻炎は、スギやブタクサなどの花粉やハウスダストなどが原因で起こるが、
年間通じて発症する通年性アレルギー性鼻炎の多くは、ダニが原因とされている。


厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は、
13日、ダニによるアレルギー性鼻炎に対し、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせ根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認したという。 

昨年秋には、同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されているが、ダニのアレルギー性鼻炎は初めてとのこと。

今回、保険適用されるのは、
塩野義製薬が申請していた「アシテアダニ舌下錠」 今年3月下旬に厚生労働省が製造を承認していたという。
 

治療薬の対象となるのは、12歳以上の患者で、ダニエキス入りの錠剤を舌の下で溶かし、
その後のみ込む。

治療薬を2年以上、毎日服用することで、症状の改善や根治が期待できるという。


注意が必要なのは、
薬の投与で激しいアレルギー反応が起き呼吸困難などのショック症状につながる恐れがあることで、
厚労省は、事前に講習を受けて十分な知識や経験を持つ医師が適切に使用するよう求めている。
 

2015年5月9日土曜日

多剤耐性菌に感染

海外に半年以上滞在した人、半数が多剤耐性菌に感染(ヨミドクター)

海外に半年以上滞在した日本人の約半数が、複数の抗生物質が効かない多剤耐性菌の「ESBL産生大腸菌」に感染していたことが、東京医大などの研究チームの調査で分かったという。

東京医大などの研究チームは、
海外赴任がある企業の協力を得て、2012年9月から15年3月までの間、
20~50歳代の男女45人について渡航前と帰国後のふん便を調査したところ、

22人からESBL産生大腸菌を検出という。

渡航先別では、
サハラ以南のアフリカが最多の7人、
東南アジア6人、
南アジア5人、
中東・北アフリカ4人。

欧米の赴任者7人からは検出されなかったという。

多剤耐性菌は、過剰や過少な抗生物質の使用などにより変異した細菌で、複数の抗生物質を分解する能力があるという。

健康な人が感染してもすぐに発病するわけではなく、今回感染が確認された22人も無症状だったが、抵抗力が弱い入院患者らの場合は、重症化につながる恐れがあるという。

研究チームの水野泰孝・東京医大感染症科准教授は、
「ESBL産生大腸菌に感染する可能性が高い地域からの帰国者が入院した場合、医療機関は感染の確認が済むまで、他の患者と部屋を分けるなどの対応が必要」
と警戒を呼びかけている。


★多剤耐性菌:
多くの抗菌薬(抗生物質)に耐性を獲得した菌。
感染症にかかってもその治療薬として抗菌薬を使うことが出来れば菌は死にその後症状も回復する。
たとえ菌がある抗菌薬に耐性を獲得してしまい治療に使えなくなったとしても、抗菌薬は多くの種類があるので他の抗菌薬を使って治療することが可能だが、多剤耐性の菌に感染してしまった場合、使える抗菌薬の種類はかなり限定されてしまうため、耐性でない菌に比べれば治療が困難になると。

ほとんどの抗生物質に耐性を示すような多剤耐性菌であっても、一部の抗菌薬は使用可能なので、
治療の手段が無いわけではないという。

多剤耐性菌といっても多くの菌名に分けられ、腸内細菌科に属する大腸菌や肺炎桿菌、エンテロバクターなどの菌、ブドウ糖非発酵菌と呼ばれるグループに属する緑膿菌やアシネトバクターなどの菌、さらに黄色ブドウ球菌や腸球菌などが代表的で、ほかにも多くの菌種があると言われる。

専門医に相談、ということになりますね。

☆水野泰孝  東京医科大学病院准教授 診療科長昭和大学医学部卒
東京慈恵会医科大学大学院修了
・専門
熱帯感染症、小児感染症、渡航医学
・資格
日本感染症学会専門医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
米国熱帯医学会認定医(CTrop Med®)
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本感染症学会推薦 ICD(Infection Control Doctor)
国際渡航医学会認定医(CTH®)
Diploma in Tropical Medicine (タイ王国)
身体障害者福祉法指定医(免疫機能障害)
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医(厚生労働省)
国際協力機構(JICA)顧問医
 

2015年5月3日日曜日

体外で精子培養 臨床研究開始!

体外で精子培養 臨床研究開始!

体外で精子培養 (ヨミドクター)

独協医大越谷病院(埼玉県越谷市)の岡田弘・泌尿器科教授は、
マウスでは体外で精子を作ることに成功しているという。
 
独協医大越谷病院の岡田弘・泌尿器科教授らの研究グループは、
精巣から取り出した組織を使い、体外で精子を作る臨床研究を4月から始めたことを明らかにした。


グループによると、ヒトを対象にした研究は初めてで、成功すれば、将来、小児がんの治療の影響や病気により精子を作れない男性が、子どもを持てる可能性が出てくる。


臨床研究は、
無精子症の患者を1年間で20人集めて行う。

精巣を切開して精子の元となる細胞を含む組織を採取。体外で培養し、採取した組織から精子を作ることができるかどうか確かめる。

精子ができても、今回の研究では受精卵を作ることはせず、廃棄するという。

子どもの血液がん患者は、抗がん剤や放射線治療で精巣の組織がダメージを受け、生殖能力に影響が出ることがあり、また、無精子症の男性の多くは、精巣で精子を作ることができない。


 岡田弘教授は、
「マウスでは体外で精子を作ることに成功している。子どもを望む患者の期待に応えられるよう、研究を成功させたい」と。


☆岡田弘  教授
神戸大学医学部医学科卒
神戸大学大学院医学研究科博士課程修了
・専門
男性不妊症、排尿機能、精巣腫瘍、腎腫瘍
(ほか、泌尿生殖器癌・尿路性器感染症・排尿機能障害を担当)
・受賞歴
2000年6月 第8回 日本泌尿器科学会賞
2008年2月 第2回 日本性機能学会東部総会賞