Sponsored Links

2015年7月30日木曜日

◆血糖数値(A1c)高くても低くても脳卒中リスクあがる

血糖の状態を示す数値 高くても低くても脳卒中リスク!

ヨミドクターによると、 血糖の状態を示すヘモグロビン(Hb)A1cの数値が高くても低くても、
脳卒中の発症リスクが高まるという研究結果を、
国立がん研究センターなどの研究チームが公表した。


1998年から2000年度と 2003から2005年度に糖尿病調査を実施し、

心臓病や脳卒中を発症していない男女約2万9000人を約9年間追跡したという。

過去1~2か月の血糖状態を反映するHbA1cの数値別にグループに分け、 心臓病や脳卒中の発症との関連を調べた。

HbA1cが正常な5.0~5.4%を基準として調べたところ、 5%未満は、
心臓病や脳卒中全体の発症リスクが1・5倍と高かった。

一方、糖尿病の診断基準の一つとなる6・5%以上も1.8倍だったという。

心臓病はHbA1cが高いほどリスクが上がったが、

脳卒中は数値が低くても高くてもリスクが上がった。


HbA1cが低くても脳卒中のリスクが上がる、ということは今回初めて知りました。

医療機関と医師

 
Sponsored Links

2015年7月26日日曜日

Inanna & Wangmu

信じたら、自己崩壊につながる惧れを感じて、反射的にないことにしてしまう人もいるだろうか。。

Inanna & Wangmu


それにしては、有史以来、余りにも多くの物証が存在している。

この国においては、神話というような捉え方ばかりではないようにも思えるが、 問題は、直接彼ら、ETとかエイリアンに遭遇しないと信じない、ということなのだろうか。


歴史は書き手によって都合の良いように書き換えられてきたから、 エイリアンのことに限らず、事実と反することも多いと思われる。


また、意図的に消されてきたことも多いだろう。

頭に浮かんでくるキーワードを追っていくと、 ふと迷路に入り、道を見失う。


恵那山の南、血洗神社下の血洗池で、産穢(サンエ)を清めた、と。

イザナギノミコト(伊耶那岐命) イザナミノミコト(伊耶那美命)

血洗神社 天照 天照大神の産湯 恵那神社  

天照大神の胞衣(えな=へその緒)を納めたという恵那山の麓に ある神社


イザナギ(男神)とイザナミ(女神)⇒イナンナ(天照)誕生。

イザナミは火の神を生んでそのやけどが元で死んでしまい、黄泉の国へ行った。
イザナギは、イザナミに会いに黄泉の国に行くが、変わり果てた姿を見てしまい、 激怒したイザナミから追いかけられる。

やっとの思いで逃げ、日向の橘の小戸の阿波岐原で禊払いしたときに生まれたのが天照大神。


リサーチャーのMr.Hayashiは、ツタ模様がイナンナを表す、という見解から、 中国にある西王母(セイオウボ)は、それがあるから、日本の縄文の女神と同じ存在、 つまり、イナンナであると結論付ける。

世界に女神は一人だと。

Inanna in Sumeru =Jomon Inanna=A woman in Vinca ,Servia=Wangmu in China(セイオウボ)


それにしても、この国においてだけでも、 何と不可思議なことが多いことか。


単なる昔話だと思っていたことが、その話が誕生した背景が存在して、 表現こそ違い、それらはみな本当のことではないだろうか、と最近思うようになってきた。


日本人は、 宇宙人、という言葉を使うが、それを言えば、地球人も宇宙人ともいえるので、 ここでは、エイリアンとかETという言葉を使うようにしている。


しかし、宇宙飛行士の人は、彼らをいっぱい目撃しているが、 極力ふれないようにしている。

リタイアすれば、比較的気軽に、体験を語ることも出来ようが、国内のパイロットでも公にそれにふれて、地上勤務に下ろされてしまった人も過去にいる。


冷静に考えてみてほしい。

存在しないものなら、問題にならないはず。
1947年 エリア51でのUFO墜落では、「しゃべったら殺す」と軍から口止めされた。

そして、一方で彼らとの密約が結ばれ、今日の先端技術の多くが彼らから教わったもの。

にもかかわらず、UFOもエイリアンもいないと思っている人が、少なからずいるのではないだろうか。。
Xi Wangmu is Jomon Inanna in her origin

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やくだつ市場   インターネット   国内・海外旅行


2015年7月21日火曜日

HIVから寛解!

(AFP=時事)によると、

6年間治療薬を服用しなかったのにも関わらずHIVから寛解したと、
フランス人研究チームが研究発表。


フランス人の18歳の女性が過去6年間に渡ってHIV治療薬による治療を受けなかったのにも関わらずHIVから寛解していたことが20日、カナダのバンクーバーで開催されたInternational Aids Societyの総会「IAS 2015」の席上で行われた研究発表により明らかとなった。


この女性は、母体を通じてHIVに感染したもので、1996年に出生し、
生後3カ月から抗レトロウイルス剤によるHIV治療が行われたという。


抗レトロウイルス剤を使った治療は彼女が6歳になるまで続けられたが、
その後は両親の希望により抗レトロウイルス剤を使った治療は停止し、
以後は、HIV治療薬を用いた治療は行われてこなかったという。


その後、彼女が18歳を迎えた後で、医師が彼女の血液中のHIVレベルを測定したところ、HIVレベルは検出可能値を下回り、HIVは、寛解していることが確認されたという。

この極めて珍しいケースの事例発表を行った Institute PasteurのDr Asier Saez-Cirionは、 彼女は、感染後直ぐに、抗レトロウイルス剤を用いた治療が開始されたため、治療が停止されてからも長期間に渡り、ウィルス学的な寛解の状態が続いたのではないか、と。


患者が幼児の場合で、なお且つ感染直後に抗レトロウイルス剤を用いた治療を開始した場合は、抗レトロウイルス剤の効果は長期間に渡って継続することを示すものとなるだろうと、Dr Asier Saez-Cirionは、まとめている。


学会では、これまでの臨床結果から、 出生直後から開始された抗レトロウイルス剤を用いた治療の結果から、例えHIVに感染したとしても、感染してからできるだけ早い時期から抗レトロウイルス剤を用いた治療を開始した場合には、完全に治癒できる可能性があることを示すものとなっている。


しかし、抗レトロウイルス剤による感染初期から開始された治療が、効果を発揮するメカニズムの解明には至っていないという。(AFP=時事より)

◆医療機関と医師


 

2015年7月19日日曜日

チョコで認知症予防!?

 チョコレート食べ認知症予防ができる?

チョコレートで認知症予防が出来ると良いですね!!

そんな研究成果を、大手菓子メーカー「明治」(東京)や愛知県蒲郡市などがまとめ、17日、名古屋市内で発表したという。
(ヨミドクターニュースより)

実証実験の結果、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに、脳の重要な栄養分となるたんぱく質の一種
「脳由来神経栄養因子(BDNF)」を増やす働きがあることが分かったという。

BDNFは記憶や学習などの認知機能にかかわる栄養分で、65歳以上では年々減るとされる。

昨年6月中旬から4週間かけて行われた実証実験には、
蒲郡市民ら347人が参加。

カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日25グラム食べ、摂取前と摂取後の血中のBDNF濃度などを調べた。

共同研究者の大沢俊彦・愛知学院大心身科学部教授(食品機能学)によると、
実験の結果、
摂取前には1ミリ・リットルあたり6.07ナノ・グラム(ナノは10億分の1)だったBDNF濃度の平均値が、
4週間後には7.39ナノ・グラムに上昇したという。

今回は摂取時の条件を指定せず、性別や年齢別の分析も行っていないが、
大沢教授は、
「一緒に摂取するものとの組み合わせなどで結果が変わる可能性もある。ほかの病気の予防も含め、次のステップでの調査を検討したい」と。

今回の研究について、
桜美林大加齢・発達研究所長の鈴木隆雄教授(老年学)は、
「認知症予防には、適度な運動に加え、認知症になりにくい食べ物をとることが重要。チョコレートがその可能性を秘めていることを示唆する大きな一歩だ」と評価しているという。

ほんとうなら朗報ですね。チョコレートを食べすぎて糖尿病になることは?
なんて思ったりしますが。

最近は糖質をできるだけ減らしたチョコが出回ってき たとのこと。ラッキーかもしれません。
Sponsored Links

2015年7月15日水曜日

The Most Incredible・・?



Masolino da Panicale(1383-1440)によって描かれたフィレンツェにあるサンタマリア・マジョレ教会に飾られている空飛ぶ乗り物に乗っているイエスとマリア。

なのに、なぜ今日それらを認めようとしない人たちが存在するのか。やはり、自らの肉眼で、眼前で体験しないと信じられないのか。それとも今日まで信じてきた概念が根底から覆されることに不安をいだくからか。


2010年12.4 横浜アリーナ上空に現れたおびただしい数の空飛ぶ物体。数千人の人が上空を見上げ確認している。それでも、あれは風船だという人がいる。人の認識とはその程度のものなのだろう。
風船とあの物体とは顕著に違う。上空の風船が急に現れたり消えたり、上下左右に瞬間移動するのか。


彼らには、その意図があって現れるのだろう。知られていなくても、地球人のある者は、彼らとコンタクトを取っている。ルールに従って行っているようだ。


彼らと意思の疎通が出来る人がいるのだ。すぐ側で会って対話している人もいる。無関心かそうしたことを望んでいない人の前には現れない。それぞれの人が、どの種のETとコンタクトを取っているかは分からない。人間のような生き物の形をとったクローンの場合もあるだろうが、人間も彼らから見ればさして違わないかもしれない。


大変な時代に突入しているように思われるが、有史以来、ずっとそうなのかもしれない。ただ、人間も彼らから色々と教えてもらい、火星にまで行くようになってきたのだ。

火星の地下には500万人の火星人が暮らしていて、肉食で好戦的な地球人がやって来るのを嫌っていると、チンハイは述べていたが、好むと好まざるとに関わらず、ある種の勢力はいつの時代もそのような動きをしてきた。この地球上でも同様だ。今日の地球を見ても、殺戮のない日はない。


平和を望んでも、戦争になっている。
何がそうさせるのか。

いずれにしても、火星にも地球にもピラミットをつくったある種のエイリアン。

ある人は彼らの空飛ぶ乗り物に乗っているようだが、一般人は、目撃するが、そこまでは経験していない。


だから、昨日土星の衛星まで行ってきた、などとある人が言おうものなら、
「冗談も休みやすみ言え。それとも頭がおかしくなったのか」
などと言われかねないから、言わないことにしておくだろう。ある場合を除いては。


そのことは、ほんとうのビデオを見せられた時にも言えるだろう。CGだろう。そんもの、嘘に決まっているだろう、と。

今日、信憑性のないものは簡単に見破られるだろう。
曖昧なものはペンディングにして、すぐに結論を出さず検証の機会を待てばいいと思う。


ただ、ある日突然、彼らの巨大な乗り物を上空間近に見てしまうこともあり得る。
多くの体験者がそうであったように。

そして、人生観が180度転換する。それは、何者かがそれを必要としたから・・

The Most Incredible ??


~~~~~~~~~~~~~~~~~
やくだつ市場 インターネット   国内・海外旅行



2015年7月5日日曜日

◆The Miracle of the Sun

我われの子孫がどのようになっていくかなんて、関心がない、という人もいるだろうか。


今日のように、頻繁に自爆テロが勃発し、不特定多数の人が突然亡くなっていくありさまを見ると、


大きな罠が仕掛けられているようにも思われてならない。


我われ人間もロボットかもしれないけれど、マシンのように計画的に事を運ぶ集団。彼らのDNAを操っているものは何?


日本にも頻繁に現れているさまざまな形をした未確認飛行物体。爆発する火山の中に出入りする物体。無人機かクローンによる操縦か。エリア51に墜落したUFOに乗っていたのは、クローンだったと、退官した担当分析官が述べた。


ああ、法王が気絶してしまったほどの、ファティマの第三の預言は、何なのか。


人間が火星移住の準備を進めている中、一体何が真実だというのか。金星から来て、北欧人の祖先だと言っているひとがいる。長頭人間は火星人の生き残りなのか、それとも、彼らはもともと地球が誕生して早い時期から地球に住んでいたのか。



火星に、なぜ地球上にあるものと同様のピラミッドが存在するのか。月や火星や金星の地下にはどれほどのETが暮らしているのか。



かの国の地下で繰り返されているといわれる生体実験では、未来のハイブリッド・スターチャイルドの準備を進めているのか。



何も知らずに一生を終える人々。SFか何かだと思っている人々。土星の輪の中に存在するという、地球よりはるかに大きな人工物。太陽に出入りする物体。フリーエネルギーの現実を見てしまい公言しようとして暗殺されたとされる大統領&モンロー。UFOエネルギーの実験に成功して抹殺された科学者たち。



テレビドラマの中の出来事のようにぼんやりと空想している。それほどに現実は途方もなくかけ離れている。人工太陽なんてあるの?



果てしない宇宙を渡り歩いているETたち。どこから来てどこへ行くのかもわからない多くの地球人。


ロボットにだって悩みは尽きない。今や自ら作ったロボットに負けている人間。自らがロボットだったなんて思いもしなかった数年前。



ほんとうのことを告げられたら受け入れることが出来るだろうか。混迷する現代。地球は今、かつての火星のようなのかもしれない。



今、
スイスに住む農夫のエドアルド・ アルベルト・マイヤー(通称ビリー・マイヤー)のことを考えてみる時かもしれない。
Billy Meier


1942年6月、5歳のとき始めて父と共にUFOを目撃して以来、いくども宇宙人とコンタクトを取ってきたという彼。彼は1000枚以上に及ぶビームシップ (光線を放つ宇宙船) の写真や8ミリフィルムを撮った。


その彼が、1975年1月28日、プレアデス/プレヤールから来訪したセムヤーゼという女性とコンタクトを開始し、その内容を公開することを開始。 その後公益法人を設立。メンバーの一員として今日まで執筆活動を続けている。-『プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録』-



その彼が、インタビューに応えて、

「私は、地球人として生まれたから、このままで良い」


その意味することは、 彼らに長生きできるように手を加えてもらうことも出来たろうに、という質問に応えてのこと。



かつて、エイリアンのいるエリア51で働いていたポール・ヘルヤーが言っているように、トールホワイトは、800歳まで生きるが、彼らは成人に達すると養子を迎える、と。

おお、旧約聖書に登場するノアは、950歳まで生きた。



今日、同性婚が行われ、その方向性が強くなったとき、人間もまた同じ道をたどるのだろうか。これまでのセックスによる子孫繁栄ではなく、遺伝子操作や養子制度による。



おお、彼らのある種は知っている。我われの中に組み込まれているDNAコード。ミトコンドリアDNA。



ここまで来て、金属でなく生物細胞の形によって造られたロボットのことを思う。ああ、ロボットの苦悩。

空恐ろしい現実を知らされる。そして、彼らだって、そうして造られたことを思う。



知らされなくても、受け容れることが出来なくても、やがてその現実を受け入れることになる。



おお、マリヤよ、あなたは、イシュタール・イナンナなのか? ほんとうは、この日本列島の、伊那谷で誕生したETだったのか。ならば、一般の日本人の前に現れて、我われはどうするべきかを告げてほしい!


かつて、ファティマの地で、巨大な輝く太陽と共に現れた時と同様に。
https://youtu.be/rBIs8cuIwTo


~~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット やくだつ市場 国内・海外旅行