Sponsored Links

2015年11月21日土曜日

It isn't SF, the timetunnel&timetravel are reality

ローラ・マグダリーン・アイゼンハワー(アイゼンハワー大統領のひ孫)が伝えるタイムトラベルについて以前ふれた。
https://youtu.be/IWjADsLPfRs


1970年から1980年代までには、タイムトラベルのテクノロジーは完成したと彼女は公言している。
かつて、ETとの間に密約を結んだアイゼンハワー大統領。彼らのテクノロジーを教わる代わりに、地球人のアブダクションが実行されることになった。

リサーチャーの矢追純一さんも、ずっとUFO問題を追いかけてきた一人。
ああ、別の時間軸が我われの周りに回っている。我われの空間の外側の空間。そこへ移動すれば、タイムトンネルで、現在過去未来への旅が出来る。1978年 タイムトンネルは成功していた。空軍基地の中に実験室があった。
タイムトラベル フォン・ノイマン博士とベルガの父・フレデリック・クーパー博士。
宇宙人には、人間にそっくりなのと小さい(アンドロイド)のとがいる、と。 https://youtu.be/Ex6LQa51koY


三つのUFO製造会社(ロッキード社・ノースロック社・・)からエドワード空軍基地とは地下で連結されている。

ああ、重力を自由にコントロールする。
超能力基地、チャイナレイク。海軍兵器センタ―の超能力兵器。
まさに、NASAは表向きで、裏では、アダムスキー型UFO(直径15メートル)で・・
火星まで、20分で行かれると、ローラ・M・アイゼンハワーも断言した。彼女も体験済みに違いない。アイゼンハワー大統領が何をしてきたか熟知しているに違いない。
つい10年前には信じられなかったこの国の人々も、今では、信じられる人も増えたに違いない。
ああ、この国の人々も目を覚まさなくては。世界は激変している。
ローラ・M・アイゼンハワーは手紙の中で、
アイゼンハワー大統領(曽祖父)が心配したのは、このままでは軍産複合体と手を結ぶ低級な宇宙人にアメリカが支配されるということになる。大統領は、そのため別な宇宙人と交流を持ちました。それは金星人と呼ばれる人々です。

ローラは2010年、弁護士と共にある共同声明を出した。「プロジェクト・ペガサス」だ。
プロジェクト・ペガサスとは。テレポーテーションによって過去や未来に行く実験が行われた。 彼女自身が参加して2006年に火星にある地球人の植民地に行ったと証言している。 https://youtu.be/Ex6LQa51koY


ああ、この国の人々は、表向きの世界に目を奪われ、途方もなく飛躍している隠された現実を受け容れられなくなっているのではないのか。
現在の地球世界はどうなっているのか。終わりのない殺戮。これはいったい何なのか。背後に、途方もない秘密が・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット ☆本場の蟹   みっけた市場
 

2015年11月11日水曜日

Virgin in Fatima

伊那谷生まれとも言われる、イナンナ。

何とも不思議な神々の系図が明かされる時、 人は、この現実をどう受け止めたらいいのか!

リサーチャーのMr.Hayashi の元に送られてきたという画像。

Lucia(当時10歳) ,Francisco(当時9歳) Janica(当時7歳) が見た聖母マリアの絵がCalro によって描かれた、というのが、以下の画像。


何を言っているの?


1917年10月13日。ポルトガルのファティマに現れた「太陽の奇跡」と言われる事件。

現れる前に、聖母マリアは、上記の3人の子供たちを呼び、3つのメッセージを伝えた。

最後の一つは、地球がひっくり返るほどのことだったとのことで、未だにほんとうのことは明かされていない。

つまり、法王が卒倒してしまったほどのこと、とだけ言うことが出来る。



太陽のダンスは、20万人以上の群衆の見上げる頭上で起こった。

当時の記録は、新聞でも大きく取り上げられ、その写真が残されている。

上記の絵は、当地に残されている、3人から聞き取りをしてCalro によって描かれた・聖母マリアの貴重な絵。

リサーチャーは、これは、現地に伝わっているイナンナのコンセプトと同じものだと。

つまり、 イナンナ=イシュタール=マリ=マリア=縄文の女神、 ということになる。


そして、 1973年、次は、日本の秋田県にあるカトリックの在俗修道会「聖体奉仕会」で起きたとされる一連の奇跡現象。

秋田の聖母マリア」は、教区司教によって認可された数少ない聖母出現の一つとなっている。

最初、同会所属の修道女の手の平に、出血を伴う十字架型の傷が現れた。 これは聖痕と呼ばれ、世界各地で、ときどき事例報告がある。

さらに、木製の聖母マリア像からの101回に渡る落涙および芳香現象、3つのお告げなどの奇跡があったと言われている。

これらの奇跡は1984年まで続いた。マリアの像からの落涙は、単なるうわさでなく、多くの人が見守る眼前で起きた。

血液や涙は、大学病院で鑑定され、それが現実のものであることが証明されている。


私は思う。

いわゆる聖母マリアというお方は、ETであり、数千年のときを経て、今日も我われに近いとところに存在していると。
https://youtu.be/rBIs8cuIwTo

~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット ☆本場の蟹 みっけた市場  


スポンサードリンク

2015年11月1日日曜日

The Last Message from Sitchin

Zecharia Sitchin (1922年6月11日~2010年10月9日)アゼルバイジャンのバクー生まれで、パレスティナに育った。シュメール文明の粘土版を解読したと言われる。

シッチンによると、
アヌンナキたちは45万年前に地球に到達し、鉱物資源、特に金を探索、アフリカで鉱脈をみつけ採掘を行った、と。


亡くなる前、シッチンは、NASAに公開質問状を送っていたという。

We look like a long sand covered wall,a blackstone ring,a sand blown conical structure & rectungular area marked off by stone boundaries・・

Puzzling Photogaphs from Mars Need Explanations !

火星探査機・マーズ・ローバー・スピリットが撮った写真で、クレーターの頂上からパノラマ写真を撮ったものがあるが、長方形の人工物があるが、あれは何か?
(石を並べてつくられた長くて覆われた壁,黒い石で出来た輪,吹きさらしの円錐状の構造物,長方形のエリアが確認できるが)

むろん、NASAからは、なしのつぶてだった。


またシッチンは、Queen Puabi (プアビ女王)のDNA鑑定をしてもらえば、彼の正しさが証明される、と遺言しているとのこと。




Queen Puabi at Ur (ウルは、古代メソポタミアにあったシュメールの都市で、現在のイラク領ジーカール県ナーシリーヤ近郊)


おお、人間と異星人・ETとの接点が・・
https://youtu.be/ZBfDLbAzlXw



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆本場の蟹  ネットで稼ぐ   インターネット