Sponsored Links

2016年6月12日日曜日

They and the human being are taking contact in all ages


They and the human being are taking contact in all ages


これまでは寓話とみなし、見過ごされ注視されなかったことが、


実は現実だったのでは、と思うようになったのは、


ETが実在して、今日さまざまな場面に関与していると思えるようになったからだ。


それは、ひとえにネットの急速な普及により、世界中で起こっていることが映像を通して観られるようになったこと。


ネットの普及、それにもETの存在が大きく関与しているように思われるのだが。


墜落事件に直接関わった人も、亡くなる直前にその事実を公表して行くのだが、

それについてもこの国では公表されない為、誰彼がふれると、頭がおかしい位にみられてしまうケースも多いのでは、と思われる。


それにしてもこの国では、上記の墜落事件・Roswell UFO Incidentすら聞いたことがない人も多いのではないだろうか。

1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になったロズウェルUFO事件。


長いこと秘匿されてきたその事件は、民間団体が訴訟を起こし、真実を明かすよう訴え勝訴。それにより、墜落した物体がいわゆる彼らの乗り物であり、亡くなったETとしばらく生存していたETのこともほんとうであることが分かった。近くで行なわれていた人間の核開発を調べに来ていたといわれるそれだ。彼らのいわゆるUFOが何者かに撃墜されたのかは、曖昧だが。


その乗り物を解析研究することから、今日の人間のテクノロジーに使われるようになった。携帯電話からステレス戦闘機まで、さまざまな技術が利用されていると。



太古の昔から実在していることが分かった彼らの乗り物。


碑文、テラコッタ、壁画、土偶、土器、絵画・・


今日の科学者や芸術家に関与しているといわれるように、太古の昔から彼らは人間に関与していた。


碑文や壁画に記されていたことは、寓話ではなく現実だった。


アヌ王、エンキ、エンリル、イナンナやヘリオスやストダナゴータマ・・世界での呼び名は違っていても・・


神と言われるETの存在。ある存在は彼らの星へ帰還したが、地球のどこかに実在して関与している存在。

今日、限られた人が、かれらとコンタクトを取っている。


ある者には夢にあらわれ、ある者には傍らの空間に現れヒントを与えている。世界の首脳陣が、彼らが来ていることを公表しない為、彼らも表立って現れることはしない。


仮に公表してしまったら、大混乱を起こすかもしれない。あらゆる価値観が激変し、人間の尊厳やプライドもすっ飛んでしまうことに。エネルギー問題が大事件に発展し、平穏が維持されなくなるかもしれない。


何も知らずにいることが良いのか・・心の備えが必要なのか・・


しかし、彼らが実在し、関与していることを、多くの人間が意識し始めていることも事実だろう。

 
☆世界の向こう★
~~~~~~~~~~~~~~~
ぶんげいとしかく やくだつ市場 セソング